洗い流さないトリートメント・イメージ画像1

洗い流さないトリートメントはアウトバストリートメントとも呼ばれ、お風呂上がりの濡れた髪の毛に塗り、そのまま洗い流さず使用するトリートメントです。
ここ2~3年で商品も本当に進化しました。

傷みやすく、乾燥しがちなくせ毛の方には必須であり、くせ毛の改善がとても分かりやすいアイテムです。まだ使っていないという方は、髪質に合ったものを正しく選んで是非使用してみてください。

よろしければこちらの記事も合わせてごらんください。
>> くせ毛にはコレ!洗い流さないトリートメント おすすめ ランキング


洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の効果

紫外線や乾燥、摩擦などの外部刺激から髪を守るのが洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の役割です。また、普通の洗い流すトリートメントが髪の内側から働きかけるのに対し、アウトバストリートメントは外側から髪を補修してくれる役割も持っています。


嬉しいのは効果が分かりやすい事!
ドライヤーで乾かした後の髪の質感が明らかに変わります!



洗い流さないので、種類や量など自分で少しずつコントロールしながらオリジナルな使い方が出来て私はとても気に入っているのですが、何を選んだら良いのか分からない方も多いようです。そんな方のために、今回はアウトバストリートメントの種類別で相性の良い髪質をご紹介していきます。


洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の種類と相性の良い髪質

最近の洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)は、最近とても進化していて各メーカーから色々なタイプが発売されています。大きく分けて下の3種類に分別されます。

  • ミストタイプ
  • オイルタイプ
  • クリームタイプ

それぞれの特徴と相性の良い髪質を説明します。


ミストタイプの洗い流さないトリートメント・相性の良い髪質

水分が多くさらさらとしたテクスチャーが使いやすいミストタイプは、しっとり感よりもサラサラ感が強い仕上がりに。
髪の補修成分が浸透しやすく有効に作用する反面、髪をコーティングして外部刺激から保護する力は弱めです。
朝起きた時の寝ぐせ直し、ドライヤー前のブローローションとしても使用し熱のダメージから保護するのにも最適です。


ボリュームを抑え過ぎないので毛量の少ない方や、年齢によるハリ・コシ不足でお悩みの方に向いています。
また、ウェーブをふんわりと仕上げたい場合にもミストタイプが最適です。

オイルタイプの洗い流さないトリートメント・相性の良い髪質

どんな髪質にも万能で1番売れているのがオイルタイプです。
水分を髪の内部に閉じ込め、乾燥や紫外線、摩擦などの外部刺激から髪を保護する力が高いのが特徴です。
オイルというとベタつくイメージですが、濡れた髪に付けてドライヤーをかけると、艶のあるサラサラとした仕上がりになります。


万能なので髪質を選ばずに使えます。艶が出やすいタイプなので、傷みや乾燥でツヤのない方には強くおすすめです!
髪の摩擦を和らげるの効果も高く、髪が細くて絡まりやすい方に、また寝る前の使用にも最適です。

クリームタイプの洗い流さないトリートメント・相性の良い髪質

クリームタイプは、高い保湿効果に加え水分と油分も補えるので、しっとりとしたまとまりのある仕上がりが特徴です。
ひどい傷みで毛先がバサバサになってしまった時など特に効果的です。


硬くて量が多い髪をしっとりまとめたい方には最適です。また、くせ毛による髪の広がりを落ち着かせるのにも効果的です。
濡れた髪に使用する他、セット後にトリートメントワックスとして使用する方も多く、意外に活用範囲も広いタイプです。