縮毛矯正の失敗の中で最も最悪なのがビビリ毛です。
きれいになるために美容院に行ったはずなのに、髪がゴワゴワチリチリと硬くなり、竹で作ったほうきのような質感に!
今回はそんなビビリ毛になってしまった時の、ホームケアでの対処法を詳しくご紹介します。
縮毛矯正の失敗で髪がビビリ毛に!ホームケアでの対処法・トップ画像

今回の記事は管理人の経験談です(笑)
縮毛矯正の大失敗で、(明日からどうしたら良いの?)という位のビビリ毛に!!頭が真っ白になりましたが、残念ながら無かった事にはできません。


友人のヘアメークさんや美容師さんの助言を聞きまくり、ホームケアでなんとか回復させることができました。


この記事は、同じようにビビリ毛で悩んでいる方の参考になればと思い、備忘録としてまとめておこうと思います。時間はけっこうかかりますが、地道にケアしていけば(途中はごまかしながらでも)回復します。

管理人管理人

悩んでいても仕方ないので、開き直ってがんばりましょう!

縮毛矯正の失敗で起こるビビリ毛とは?

ビビリ毛は見てもらうのが1番早いですね!
縮毛矯正の失敗によるビビリ毛の写真-1
これは縮毛矯正直後の管理人の写真です。相談のため、メールでヘアメイクの友人宛に送った時のもの。怖いですw縮毛矯正後にシャンプーをして、軽く乾かした状態です。


管理人管理人

チリチリバサバサとして、不自然に広がります。感触はまさに竹製のほうき!ゴワゴワで肌に触れると痛いほど。こんな状態をビビリ毛といいますw


ビビリ毛の主な原因としては、縮毛矯正、デジタルパーマ、ブリーチの施術の失敗。薬剤やアイロンによるオーバーワークなどで起こる現象です。


ビビリ毛は髪を守ってくれるキューティクルがなくなり、髪がむき出しの状態なので、髪の内部にある水分やタンパク質が流出してバッサバサになってしまうんですね。

ビビリ毛は治せるのか?サロンでの修正について

ビビリ毛の修正
こんな状態になってしまったら即刻修正したい!と思うのが正直な気持ちです。
「サロンでビビリ毛の修正したいから良いお店を教えて!」 と、友人の美容師さんに切実に訴えましたが、
「リスクが高すぎるからやめておけ!とにかく落ち着け!!」 と(笑)


美容院のホームページを見ていると、たまに 「ビビリ毛修正」 なるメニューを見つけることができますが、これって超難しい施術なのだそう。縮毛矯正でマックスまで傷んだ髪に、再度縮毛矯正をかけるようなイメージなので、非常にリスキーなのだそうです。

サロントリートメントはNG?

サロントリートメントNGのイメージ写真
縮毛矯正後に最も注意したいのは、サロントリートメントをひかえること
縮毛矯正の失敗でビビリ毛になってしまうと、サロン側も驚き、無料でトリートメントを付けてくれることもあるかもしれませんが、グッと我慢しましょう。


縮毛矯正で超有名な美容院で聞いた話ですが、
サロントリートメントは仕上がりは抜群に良く、シャンプーしても2週間くらいは持続します。一瞬髪が良くなったと錯覚してしまいますが、実はこの持続力の高いコーティングが問題なのだそうです。


縮毛矯正後はどうしても薬剤が髪の内部に残留してしまうそうです。
薬剤が残った状態で、持続性の高いコーティングをする事は、髪の内部に薬剤が密閉された状態が長く続き、毛髪内部がモロモロのハイダメージへつながってしまうそうですw
サロンでの艶々トリートメントは縮毛矯正直後は避け、2~3週間経ってからの方が良いでしょう。

ビビリ毛を直す最善策は?

修正もダメ!サロントリートメントもダメ!!…じゃあどうすれば良いの?って感じですねw
ビビリ毛を直す最善策はカットすることですwww
ビビリ毛をカットしている写真


しかし、カットできれば苦労はしないわけで。
ビビリ毛というのは、毛先ではなく髪の表面や顔周りに強く出がち。管理人も同様でしたが、これをカットしたら大変なことになってしまいます。


そこで、ホームケアでの対処がとても重要になるわけです。
地道にホームケアをしながら少しづつカットしていき、ごまかしながらでも徐々に元の状態に戻していく。時間はかかりますが、管理人の場合は3か月くらいでビビリ毛がほぼ目立たなくなりました。


もちろんダメージが消えたわけではありません。しかし目立たなくなる事で時間を稼ぐことができます。そこからはマメにカットをして、徐々に髪を入れ替えていく作業。
次の章では、ビビリ毛になってしまってから3か月、管理人がどのようなホームケアをしてきたか?詳しくご紹介していきます。

ビビリ毛になってしまった時の対処法・ホームケア

ホームケアでビビリ毛をなんとかするため、多くの美容師の友人に助言をもらいました。
ここからは管理人個人の経験談になるので、すべての人に最適かどうかは分かりませんが、ヒントはたくさんあると思うので参考にしていただければと思います。

縮毛矯正直後の髪の状態

まずは縮毛矯正直後の管理人のビビリ毛の状態から。

  • 見た目はチリチリでヘルメットのように広がる。毛先の色が抜けてしまった
  • 質感はゴワゴワで竹ほうきのように硬い
  • 1番ビビリ毛がひどいのは顔回り、髪の表面(髪の内側はやや軽傷)
  • ブラシを入れると髪が切れる(毛先がハラハラと落ちる)

縮毛矯正の失敗によるビビリ毛の写真-2
縮毛矯正の失敗によるビビリ毛の写真-1
縮毛矯正の失敗によるビビリ毛の写真-3
こんな感じでかなり悲惨な状況でした。

縮毛矯正直後のホームケアで最も大切なこと

縮毛矯正直後、最も大切なのは下の2点だそうです。

  1. 髪に残った薬剤を完全に抜くこと
  2. アルカリに傾いた髪を弱酸性に戻す事

そのため、縮毛矯正直後から10日前後は特別なシャンプーを使用しました。また、シャンプー前にトリートメントを使用するリバースケアを実践!摩擦を避けるよう心がけました。



リバースケアとは、通常シャンプー→トリートメントの順に使用するのを、トリートメント→シャンプーの順に入れ替えて使用する事を言います。ビビリ毛の場合、お湯だけでもキシキシ指が通りにくくなっているので、シャンプー時の摩擦を避け、ダメージのある髪を優しく洗う事ができます。

管理人管理人

管理人の場合はシャンプー前のトリートメントは少量使用、シャンプー後にもしっかりトリートメントをしました。




シャンプーはヘマチン配合のアミノ酸シャンプーを使用ヘマチンは髪に残留したパーマ剤を中和させる働きがあり、活性酸素の除去などでも注目の成分。最近では高めのシャンプーの目玉成分として使われるようになっています。また、アルカリに傾いた髪を弱酸性にもどす働きのあるアミノ酸系のシャンプーが有効です。


おすすめのヘマチン配合シャンプーはこちら
ビハールシャンプー・現品&お試しセットの商品画像
ビハールライトシャンプー
ヘマチン配合のアミノ酸シャンプーです。美容師150人が監修、「本当に良いシャンプーを自分達の手で作ろう!」という思いで開発されたサロンシャンプーなので、成分だけではなく使用感や仕上がりも抜群です。
詳しくはこちらの記事でどうぞ。
縮毛矯正後に使うべきシャンプー&絶対してはいけないこと!正しいホームケア



シャンプー以外のケアで心がけたのは以下のこと。

  • 髪後はアルガンオイルを薄く揉み込む
    アルガンオイルは浸透性に特に優れたオイル。パサパサの髪を保湿するのに最適です。

  • アウトバストリートメントで表面保護
    縮毛矯正の失敗で生じるビビリ毛は、髪を守るキューティクルが消失した状態。疑似的に髪の表面を保護するためのアウトバストリートメントは必須です。

  • ドライヤーは60度まで
    熱ダメージや乾燥をふせぐため、ドライヤーの温度は極力低温を使用しました。

  • アイロンは絶対に使わない
    これは絶対NG!

  • ブラシを使うときはガイコツブラシのみ
    ビビリ毛になると髪がとにかく引っかかる!なので目の粗いガイコツブラシで摩擦をしないよう最低限に整える程度に抑えます。

  • スタイリングはせず、ゆるめのまとめ髪で乗り切る
    ビビリ毛になった直後はスタイリングの形状をささえきれないので、スタイリングはできません。こんな状態で無理にスタイリングしようとすると更にダメージが進行します。
  • 管理人管理人

    この時期は諦めて、いかに手をかけずに外出できる見た目を作れるかを考えるのが得策!管理人はスカーフを使い、ゆるめのまとめ髪で乗り切りました!



ポイントはアルガンオイル!
ビビリ毛はとにかく乾きやすいので、上のケアをしてもすぐにバッサバサになります。管理人は乾いてきたら速攻でアルガンオイルを1滴、うすーくうすーく伸ばして髪に揉み込んでいました。


当然ながらすぐに効果が出るわけではありませんが、髪の毛内部に浸透し、保湿に効果的なアルガンオイルをマメに使うのはおすすめです。アルガンは浸透するのでべた付かず、髪にはとても使いやすいと思います。


おすすめのアルガンオイルはこちら
おすすめ!CODINA 4点セット1
べた付かずにしっかり保湿ができる、本物のアルガンオイルです。髪に使う場合はほんの1~2滴、手のひらで温め、毛先やパサパサしている部分によく揉み込みます。こちらのトライアル10mlで1か月くらい使えます!
CODINA(コディナ)のアルガンオイルで髪とお肌の乾燥防止!ダメージ毛や敏感肌にも

縮毛矯正後2週間以降のシャンプー

2週間くらい経つと、ある程度髪が柔らかくなり、若干ですがチリチリも落ち着いてきます。薬剤も抜けているので、ここからはスーパーダメージ用のシャンプーに変更しました。


スーパーダメージ用のシャンプーとは、補修効果と保湿効果が高い、洗浄力がマイルドなシャンプーの事。最近ではどのシャンプーも 「補修効果と保湿効果が高い」 と広告されていますが、成分面で本当に効果のあるシャンプーを選ぶ事が大切です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。
髪のダメージ補修に効果的なおすすめのシャンプー!パサパサ・ゴワゴワで困っている人に



最もおすすめのシャンプーはこちら
ビハールシャンプー・現品&お試しセットの商品画像
ビハールモイストシャンプー
先程ヘマチン配合でご紹介したライトシャンプーの【モイスト】タイプです!
こちらはシャンプーのベースとなる洗浄成分に、非常に高価なコラーゲンPPT(ココイル加水分解コラーゲンK)を使用。なんとコレ、高級洗浄成分として有名なアミノ酸系洗浄成分の倍以上する高価な成分なのだそうです。まさに美容液シャンプーといった逸品です。

以下の記事でPPT成分について詳しくご紹介しています
髪のダメージケアにはPPT系シャンプーが最もおすすめな理由

管理人管理人

ちなみにこの成分をベースで使用したシャンプーは本当に数少ないです。高くなっちゃうからw

他の成分を見ても、加水分解シルクや白金など補修成分、保湿成分とも秀逸です。
仕上がりの良さも素晴らしく、ダメージで硬くゴワゴワになった髪に栄養を奥まで浸透させ、柔らかくサラサラなツヤ髪に変身させてくれます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。
ビハール シャンプーを口コミと成分で検証!くせ毛やダメージ毛に抜群の効果


また、ビビリ毛に困っていた時、意外に使い勝手が良かったのが泡タイプのシャンプーです。とにかく摩擦なくスルスル洗えて救世主のようでした(笑)こちらのシャンプーは成分的にもとてもマイルドで、補修・保湿とも秀逸です。
ルメント炭酸シャンプー・トップ画像
ルメント炭酸シャンプー
頭皮クレンジングだけではなく、髪の毛内部の保水と補修をしっかりしながら、キューティクルを保護して滑らかな指通りにしてくれるので、とても重宝しました。

レビュー記事はこちらです。
ルメント炭酸シャンプーのレビュー!3日に1度の頭皮クレンジングを始めました



良かったら試してみてくださいね!